空き家の管理

全国で深刻化する空家問題

空家等対策特別措置法が制定

これまでも放置された空き家の老朽化による倒壊や景観の悪化等のリスクが指摘されてきましたが、平成26年11月に制定された『空家等対策の推進に関する特別措置法』(通称:空家等対策特別措置法)により所有者の責任がこれまで以上に大きくなることが予想されています。

仮に所有建物が『特定空家』に指定されると固定資産税の優遇措置を受けられなくなるケースや最大50万円の過料に課される可能性もあります。

また、空き家を放置すると放火や不法投棄といった犯罪に巻き込まれる危険性もあるため、

適切に管理していくことが求められます。

空き家を適切に管理することには大きなメリットもあります。

・不動産の資産価値を維持する

・近隣住民とのトラブルを未然に防ぐ

・損害賠償責任から所有者自身を守る

遠方にいても安心の空家管理代行

当社では自主管理が難しいお客様向けに管理代行サービスをご提供しております。
プランに含まれない作業でもオプションとして選択も可能です。

充実のオプションメニュー

■除草剪定

■郵便物の転送

■家財・不用品の処分

■ハウスクリーニング

■害虫駆除

■巡回報告書の郵送

オプションメニューについては別途お見積り致しますのでお気軽にお問い合わせください。また、自主管理をしたいお客様にも無料でアドバイスも行っております。

店長のつぶやき

2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
お問い合わせ
ページ上部へ戻る